永代供養とは?

永代供養とはお墓参りに行けない人に代わり、お寺や霊園が「永代」に渡って管理や供養してくれる埋葬方法のことを指します。

このようなお墓のことを永代供養墓といいますが、最近ではこの永代供養墓も従来の「お墓」のイメージとはかなり異なっています。

建物のなかで遺骨を保管する納骨堂は、従来のお墓と同様に需要が増えてきている永代供養墓の一つです。

マンション型も多く散在し、室内のロッカーなどでスペースを区切るため、従来の墓石でお墓を建てるよりかなり安価で出来るでしょう。

中には手軽にインターネットを使ってお参りができたり、カード式の立体駐車場のような納骨堂など形態は多種多様です。

永代供養は時代を反映するように、独身、身寄りがいない、身内に迷惑をかけたくないなどの動機からニーズが増えている供養体系です。

しかし実態は違うもので、お寺や霊園があらかじめ決めた、「ある一定期間」管理、供養することを意味していて未来永劫という意味ではありません。

ではこのある一定期間とはどの程度なのでしょうか。

一般的に30~50年程ですが、各人で様々な年数を設定することができるようです。

その期間が終了した後は、合祀墓に合祀されることがほとんどですので、管理規約や加入規約をよく確認することが不可欠でしょう。

お墓の後継者が改宗などで檀家を辞めた場合、永代供養の契約が破棄されることがあるようなので気をつけたいですね。

寺院の廃寺等で墓が消滅してしまう可能性もゼロでは無く、その場合「永代」が保証できないことも頭に入れておく必要があります。

そのような不安定な現代において永代供養の中でも現在増えているのが合同祭祀という方法です。

様々な人と一緒に一つの墓に入ることで無縁仏になることを回避する方法です。

自分が死んだ後も計画的に考えておくのが賢明であり、それ故コストが低く管理費がかからず、宗教・宗派の問題もない永代供養に需要があるのは当然といえますね。

永代使用と永代供養の起源

永代供養と似た言葉で「永代使用」というものがありますが似て非なるものです。

「永代使用」とは最初に「永代使用料」を支払いお墓を使用する権利を取得、その後管理料を支払っている間はそのお墓を使い続けることができる権利です。

寺院から墓地を提供してもらい、永代使用料を支払ってお墓を建てる一般的なお墓はこの権利を得ていることになりますね。

寺院側は檀家となった信徒に対し永代に供養を行うことを約束、檀家となった際には永代使用料や管理料の他に寺院の行事や法要の際などにお布施が必要となります。

そもそも永代供養の起源は、江戸時代に檀家の減少による収入減を補う目的で僧侶が発案したビジネスなのです。

本来は毎月の命日に小額ずつ受け取っていたお布施をまとめて集金するという当時としては画期的なシステムでした。

現代では核家族化・晩婚化・少子化が進み、先々に対する不安から納骨堂の生前予約をする人が増えてきています。

後継者がおらず死後の供養ができないため、永代供養を約束してくれる寺院や業者に、遺骨や位牌の管理を任せるのです。

年間に数万人規模で無縁死が起こる時代、永代供養はビジネスとして成り立っているようですね。

永代供養と無縁仏の違い

永代供養と無縁仏の違いとは一体何なのでしょうか。

どちらとも身寄りがいなくなった場合に寺院で供養してもらうという点では、同じ意味のように思えます。

しかしそこには大きな違いがあるのです。

まず無縁仏は、自分の親族を含めて墓の管理をしてくれる人が一人もいないのでお墓の管理費など払われません。

そのため寺院側で檀家と相談しお墓の撤去や管理を続けるかどうかを決めます。

撤去の費用は本来そのお墓の墓守から支払われるべきものですが、無縁仏の場合その費用を支払う者がいないため寺院や檀家が負担する形になります。

すなわち無縁仏になった場合、当然寺院や檀家の方に迷惑をかけてしまう事になります。

日本では特に死者に対して礼儀を重んじる風習があるので、やむを得ない場合以外では出来る限り子孫で、代々守られて来たお墓を最後まで供養するのが理想的ですね。