永代供養墓とは?

永代供養墓とは、お墓参りできない人に代わり、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持ち永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓です。

永代供養墓は、「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と呼ばれていますね。

一般的には他人と一緒の墓または同じ納骨室(棚)に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂とも呼ばれているようです。

またそれぞれのお寺によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓など様々な名称もつけられています。

では一般のお墓(先祖代々のお墓)との違いを考えてみると、・お墓参りしなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれる・墓石代がかからない(個人墓の場合を除く)・墓地使用料が割安になるなど一般のお墓と比べて料金が安いことでしょうか。

形式、納骨方法によって料金はまちまちですが、30万円から50万円ぐらいが平均と言われています。

一式料金を一度支払うとその後管理費、お布施等寄付金は一切費用がかからないようですね。ただし、生前申込みの場合については年会費あるいは護寺費、年間管理費を支払う必要があります。

稀ですが宗派に帰依(きえ)(信仰)する、檀家になることを条件としているお寺もありますから十分確認して下さい。

永代供養墓は納骨後、お寺が毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行ったり、年に1回あるいは毎月供養、毎年祥月命日も供養、回忌供養も供養してくれるなどお寺によってまちまちです。

永代供養墓の造りと納骨 永代供養墓の造りについては主に次のタイプに分かれるでしょう。

・一般のお墓を大きくして、地下あるいは半地下にお骨安置用の納骨室(納骨棚)をつくり、その上に仏像、仏塔、碑などを建立したお墓
・お骨安置用の納骨室(納骨棚)をつくり、その下に合祀(散骨)スペース(合祀墓)を設けたお墓
・合葬墓を備えた納骨堂(建物)
・一般のお墓のように個別(個人、夫婦)のお墓

さらに、納骨された人の名前などの記録として①石板の墓誌(ぼし)に刻字②過去帳に記載③墓籍簿に記載、のかたちをとっており①の手法が多いようですね。

「納骨」とは、火葬した遺骨をお墓や永代供養墓などに納めることです。

これに対して「埋葬」は、遺体をお墓に葬ることをいいます。

火葬が一般的になった現代では、遺骨を寺院の永代供養墓やお墓の納骨室(カロート)に納骨した時点で、埋葬も終えたことになります。

永代供養墓の納骨方法は以下のような方法に分かれます。

①合祀(ごうし)と言われていますが、最初から遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめ土に還す(合祀墓と言われています)
②ある一定期間、たとえば33回忌(お寺によって3回忌~50回忌でまちまちです)まで、納骨壇あるいは棚に骨壷(木の箱あるいは布袋のお寺もあります)のまま遺骨を安置、その後合祀
③遺骨を分骨し、一部を一定期間あるいは永代供養墓に安置し残りの遺骨は合祀

改葬(遺骨を移す)するには

「遠い故郷にある古い墓地を片付けてお骨を移したい」「先祖代々のお墓がある今のお寺とのつき合いが負担、お寺から離れたいので墓地を引き上げたい」などでお骨を永代供養墓に移す場合についての方法を簡単に説明しましょう。

まず今までお墓があった市町村役場から「改葬許可申請書」をもらい、必要事項を記入の上今までのお墓のお寺から署名、押印をもらいましょう。

そして新たに納骨する永代供養墓のお寺から「使用(納骨)許可書」をもらってください。

これらを持って今までのお墓がある市町村役場へ行けば「改葬許可証」を発行してもらえます。

今までのお墓のお寺で「魂(こん)抜き(閉魂供養、消魂供養とも言う)」をして遺骨を取り出します。

墓地を整理(石材店に墓石を取り払ってもらう)し、新しいお寺へ「遺骨」と「改葬許可証」を持参すると、永代供養墓へ納骨あるいは合祀してくれるでしょう。

普段聞いたことがない書類ばかりですので、お寺や居住地の市区町村へ確認しながら進めていきましょう。