墓じまいの手続き

墓じまいは、最近でこそ見られるようになってきましたが、一般的に周知されているものかといえば、決してそうではありません。

よって、墓じまいをしようにも、その手続きがなかなかわからないものです。

ここでは、その手続きについて、順番に述べていきたいと思います。

①親戚等としっかり話し合う
まずは、親戚に墓じまいをしたい旨とその理由を告げましょう。

お墓に入っている先祖の血を受け継ぐ親戚の中には、墓じまいを快く思わない人もいます。

そういった場合、強引に推し進めずに、時間をかけてでも説得したほうが良いでしょう。

皆が納得しないと、ご先祖様にも申し訳ないですよね。

②寺院や墓地の管理者に相談する
寺院にお墓がある場合、寺院には計画段階から早めに相談します。

お寺は遺骨の管理人ではなく、先祖代々のお墓を供養してきた場所です。

何の前触れもなく、いきなり墓を撤去したいと言えば、寺院も決して良い気持ちはしません。

「離檀料」という名目で高額のお金を要求されることもあります。

離断料はあくまで「お布施」ですから、最終的には常識的な額に落ち着くにしても、一度トラブルになってしまうとお互いに気まずさが残ってしまうものです。

トラブルにならないよう、前もって相談しておきましょう。

③遺骨の行き先を考える これまで埋葬・埋蔵されていた遺骨の行き先を考えます。

別の墓に移動するか、寺院などにある永代供養墓に合葬するか、もしくは海や山へ散骨するか、大きくわけて3つの選択肢が考えられます。

どれを選ぶかは自由ですが、選ぶものによって、費用などが大きく変わってきますので、十分に調べてから行うようにしましょう。

④改葬の手続きをする
遺骨を移動することは、正式には「改葬」といい、市区町村の役所が発行する「改葬許可証」がなければ遺骨を取り出すことはできません。

市区町村役場に行って、取りに行きましょう。

※土葬の遺骨があった場合、受け入れ先の墓地で土葬の遺骨の埋葬を禁じていることが多いので、火葬が必要となります。

その際は、役所へ改葬許可申請書を提出する際に火葬許可証の発行を求めます。

⑤石材店を決定する
墓じまいをする際には、墓石を撤去し、墓所を整地して更地の状態で管理者(寺院など)へ返却しなければなりません。

その工事を依頼する石材店を選びます。

複数の石材店の見積もりを比較してみて、契約業者を決定しましょう。

石材店は、工事のほかに遺骨を取り出すときの作業も行います。

⑥遺骨を取り出す
日時を決めて、遺骨をカロート(納骨室)より取り出します。

⑥+α魂抜きを行う
墓石を建立する際、魂入れ(入魂式)を行って墓石に魂を吹き込んだはずです。

その魂を抜く儀式を経ることによって、墓石をただの石にしなければ撤去に入ることはできません。

宗派にもよりますが、大切な法要であり寺院との日程調整も絡んできますので、石材店と寺院との連携をよく取って打ち合わせをしておきましょう。

そして、遺骨取り出しの際にも必ず立ち会うようにします。

⑦墓石の撤去工事を行う
墓石を撤去し、整地して更地の状態で墓所区画を返却します。

ここまでの作業、早いケースでは1ヶ月くらいで手際よく行う人もいますが、親戚や寺院との話し合いが長引いたり、遺骨の移動先が見つからなかったりと、時間がかかってしまう場合が多いようです。

急いで行うとトラブルになりかねません。

墓じまいを考えはじめたら、ゆっくり時間をかけて行うつもりでいた方が良さそうです。

墓じまいについて、段取りや手順について不明な点が出てきたら、石材店に訪ねてみるといいかもしれません。

長年営業している石材店であれば、たくさんの事例を知っていますので、墓じまいの進め方を教えてくれるはずです。