墓じまい時に必要なお布施

墓じまいを行う際、お布施が必要になってくることがあります。

ちなみに、お布施とは、僧侶へ読経や戒名を頂いた謝礼として金品を渡すことをいいます。

または、本尊へお供えするという考え方をとります。

ちなみに、読経や戒名の対価という意味ではないので、読経料や戒名料という言葉は使いませんのでご注意ください。

お布施を渡す時は、半紙に包むか、白封筒に入れ水引は掛けません。

「御布施」と表書きをするか何も書かなくてもよいとされています。

また、相手に不幸があったわけではないですので、不祝儀袋(黒い水引の袋)は使用しません。

お渡しする際は直接ではなく、お盆に乗せる形が好ましいです。

お布施は気持ちでお渡しするものであり決まった金額というのはありません。

各お寺様ごとに考え方もありますので、よく分からないという場合は、直接お伺いすることがよいでしょう。

そして、改葬(お墓の引越し)をする際、お布施はどうなるのか、いくらかかるのか、全体の費用を考えながらみていきましょう。

これは、状況によってかかる費用は大きく異なってきますが、新しくお墓を建てない場合、その費用総額は、お布施を含めて50~100万ほどが目安となります。

ここでは、お布施の料金のみならず、移転元(既存墓地)と移転先(改葬先のお墓)にかかる費用全体をそれぞれみていきたいと思います。。

まずは、移転元での必要な費用についてです。

◎墓石処分・区画整理(1平米) 100,000~150,000円
墓所は更地に戻してから返還する必要があるため、墓石処分や区画整理の工事が必要です。

◎遺骨の取出し(1体) 0~30,000円
遺骨の取出しは、石材店にカロートからご遺骨を取り出してもらいます。

ご自身で行う場合は、費用はかかりません。

◎墓石の運搬 200,000~800,000円
墓石の運搬費とは、今のお墓の墓石ごと改葬をする場合にかかる費用です。

今のお墓の石を使わないのであれば必要ありません。

この料金は、移動距離や墓石の大きさにより異なります。

◎魂抜き・閉眼供養(お布施) 10,000~50,000円
お墓の閉眼供養、魂抜きをする場合は、お寺を呼びます。

ここでお布施の登場です。

この費用は、お布施として包みます。

いくらになるのか、参考までの値段を記載しておきますが、あくまでお寺に直接確認することをおすすめします。

◎離壇料(お布施)、これは寺院によって大きく異なります

離壇料とは、今のお墓がお寺の墓地の場合で、離壇が伴うことで発生する費用です。

不要と考えるお寺もある一方、お寺の決まりとして求められる場合などもありますので、ご住職や昔からの檀家の方などへ相談されるとよいでしょう。

この離壇料が、トラブルの原因になりやすいので、慎重に確認しましょう。

次に、移転先(改葬先のお墓)でかかる費用です。

◎埋葬費用(1体) 0~30,000円
埋葬費用は、石材店に依頼し、遺骨を納骨する費用です。

ご自身で行う場合は費用はかかりません。

◎開眼供養料(お布施) 10,000~50,000円
開眼供養料は、お寺を呼んで読経をあげていただく場合にかかる費用です。

要はお布施ですね。

基本的には、移転元(既存墓地)と移転先(改葬先のお墓)で、お布施が必要になってきます。

おおよその費用なのでお付き合いのある寺院に確認をするとよいでしょう。

◎戒名料(お布施) これは寺院によって異なります

戒名料は、改葬先がお寺墓地の場合、戒名をつけることが求められるところがあります。

または改宗をする方も戒名を新たに付けてもらう必要がある場合があります。

◎霊園などに対する事務手数料 数千円
事務手数料とは、霊園に支払う手数料のことで霊園によって異なります。

さらに新たにお墓を建てる場合は、永代使用料・墓石代・工事代・管理費などが必要なのでプラスでかかります。

墓じまいに必要なお布施は、2~10万円前後となりそうです。