墓じまいから散骨へ

無縁仏とは、後継者がいなくなって、お墓参りする人の無いお墓のことで、よく管理されている霊園では無縁仏専用のスペースに集められていたりしますね。

しかしそうではない霊園ではお墓周辺に草木が生えて覆い被さったり、墓石が壊れかけたりとても危険な状態です。

先祖代々のお墓がある場合、今は自分でお墓参りが可能でしょう。

しかしいざ自分がお墓参り出来なくなったらどうしますか。

転勤や引越し、病気や高齢などの理由でお墓に参れなくなったとしたら今は便利な墓参り代行サービスが存在しています。

このような代行サービス等を利用している間はお墓の心配をしなくて済みますが、永遠に頼み続けることは出来ませんし、費用もかかるでしょう。

後継者のいないお墓は、放っておいてもいずれ無縁仏として処分されてしまうようですが、だからと言って大切な先祖を放ったらかしにしておくことはできないですよね。

ここで墓じまいという選択肢があります。

墓じまいとはお墓を閉まって解体、処分することで、「墓じまい」、「お墓じまい」、「廃墓」などと言われているようです。

お墓の引越し時にも解体しますが、解体した石を引越し先で再度組み立てるのが引越しで、解体した石を廃棄するのが墓じまいになります。

例え墓じまいをすることになっても読経供養の上で丁寧に片付けをすれば、必ずやご先祖様には納得してもらえるでしょう。

ただ魂を抜くだけの供養ではなく先祖に納得して頂き、私達も安心して日々を過ごせるための読経供養をするのです。

お墓を処分する墓じまいとは、お墓を片付けて更地に戻すだけなのですが、そこに至るまでの道のり、実は大変なことなのです。

親族間での話し合いや管理者への連絡、役所への届出、石屋の手配などで、親族間の話し合いやお寺との話し合いがなかなかスムーズに進まない場合が多いのです。

墓じまいの費用も、規模や、基礎、駐車場からの距離、機械の搬入などの条件により変わってきますので見積もりが必要です。

また墓石の処分では産業廃棄物収集運搬業の許可が必要ですので注意したいところですね。

無事に墓じまいが終わると、残された遺骨をどうすればよいか悩みますよね。

自宅での保管は難しいですし、この際散骨する方法を選ぶ方もいるのではないでしょうか。

しかし墓じまいをして散骨する方法は、近年になって増えてきた方法なので、霊園としてはこのような考え・方法に対応出来ていない場合もあります。

ですから自分または遺族がどうしたいのかをしっかりと考え、伝える必要がありますね。

墓じまいの後処理

お墓から取り出した遺骨は、新しいお墓に一緒に入れる方法と先ほど述べた散骨する方法があります。

遠方のお墓を廃止して近場のお墓に移す場合は改葬手続きが必要です。

お墓の引越しをすることを前提として考えられた手続きなので、必ず引越し先を書く必要があります。

引越し先にしても、霊園などの施設では可能ですが自宅では不可能のようです。

お墓の本来の目的は自然に還るための場所であると思えば、散骨も大自然に還っていくための自然な方法にはなりますね。

わが国の人口は2008年をピークに減少傾向になっており、今後ますます加速していくことが統計上明らかになっています。

人口の減少は少子高齢化の結果として表れる現象で、生まれてくる子供が少なく、お年寄りの多い社会は、跡取りがいなくて家が絶え、お墓も無縁仏になってしまうことでしょう。

ですから葬送のあり方も従来のお墓に入って当たり前という考え方では対応できず、散骨や新しいタイプの永代供養が必要になってきているのです。

散骨の利用者の増加に伴い、法的な解釈について多くの議論がなされたことで、法務省は「節度をもって葬送の一つとして行われる限り問題はない」という見解を出しています。

法務省の見解は法律的に散骨が合法であることを表すもので、散骨が広く普及するきっかけとなっています。

散骨は故人の遺骨を自然に還すもの、という観点から、遺骨を2ミリ以下の粉末にし、埋葬ではなく散布することが必要で、散骨する場所は大きく分けて海、山、空に分かれます。

また少しの遺骨を自宅にお祀りしあとは散骨するなどの方法もあります。

遠くで参ることができないお墓に遺骨があるよりも、身近な所にあって常に手を合わせることが出来れば故人もきっと喜んでくれるでしょう。

墓じまいは、墓石を解体して処分するだけのように思っている方がおられますが、最も大切なことは、中に入っている遺骨の扱いなのですね。