遺品整理時の料金や費用について

遺品整理にかかる料金の内訳はいったいいくらなのでしょうか。

遺品整理の費用は一般的に、トラック代などの運搬費用と回収費用、それに作業のための合計額になります。

広い一軒家か、あるいはマンションなのか、また処分する物の量によっても、値段は違ってくるので注意が必要ですね。

遺品整理にかかる料金を抑えるコツは、あらかじめ「ゴミとリサイクル品を分別」しておくことです。

これをきちんとやっておけば、作業時間の超過で料金が上乗せされるのを防げますし、結果的に時間を節約できるのも大きなメリットですね。

業者の中には、見積もりのときに安めの価格を提示し、後で色々な理由で追加料金を請求してくるところもあるので、事前の準備と確認が大事です。

遺品整理の費用は部屋のサイズ・作業人員数を基に見積もりをする業者が多く、遺品整理の料金に定価はないので、各業者によって遺品整理の見積もり内容が大きく異なるケースも珍しくありません。

見積もりは無料ですから複数の業者に依頼し、比較検討するのが得策です。

一般的には下記の料金設定が多いようですね。

お部屋の広さ 人数  費用

1K    1~2名 43,000円~
1DK    2名 65,000円~
1LDK    2~3名 100,000円~
2DK    3名 135,000円~
3DK    3名 200,000円~

遺品整理相場

複数の遺品整理会社から見積もりを取ってみるとよく分かりますが、遺品の回収・処分にかかる費用は会社によってかなり違ってきます。

では、遺品整理の費用はどのように決まるものなのでしょうか。

気をつけないと、予想外に費用がかかってしまうこともある遺品整理の委託費用。

実際にかかる料金の算出方法を理解しておくことはとても大事でしょう。

遺品整理にかかる費用の主な内訳は、運搬費用(遺品を運ぶトラックの使用料など)+回収料金(遺品の回収にかかる費用)+作業費用(分別・梱包・搬出などの費用)です。

運搬費用と回収料金の一般的な相場は大体以下のような金額になり、これに作業費用をプラスすれば、大よその費用相場が分かるでしょう。

□運搬費用
・軽トラック:6,000円~・2トントラック:12,000円~・4トントラック:36,000円~

□回収料金
・廃棄物:9,000円~・紙類:4,000円~・機密書類:15,000円~
・テレビ:2,000円~・冷蔵庫:3,000円~・洗濯機:2,500円~ etc

このような費用は、回収・処分する遺品の分量や、一戸建てかマンションかなどの条件によっても変動してきます。

例えばマンションの場合だと、エレベータの有無で作業時間も変わりますので、料金もおのずと変動しますよね。

引っ越し業者に支払う金額をイメージすると、分かりやすいかもしれません。

いずれにしてもしっかりと見積もりをとることが大切です。

実際、遺品整理の作業を終えた時点で、最初の見積もり金額より多くの費用がかかることは珍しくありません。

クレーンなどの機材の使用や、規定の作業時間を過ぎるなど、どんなケースで料金が増えるのかも事前に確認しておきたいものです。

遺品整理の追加料金を防ぐには?

遺品整理の料金で注意したいのは、追加料金の発生で予定より費用がかかってしまうことです。

その理由として一番多いのは、「規定以上に時間がかかってしまう」場合が多いようです。

つまり作業をスムーズに進めて時間を短縮すれば、追加料金が発生せず費用を最小限に抑えられますので、以下のポイントを押さえておきましょう。

○リサイクル品を選り分けておく
リサイクル業者と提携して処理を行う会社に依頼した場合、リサイクルが可能なものを事前に分けておくことで、当日の作業時間を短縮できます。

○地域の粗大ゴミで処理しておく
可能なかぎり自分たちで処分しておくのも一つのポイントです。

たいていの市町村では不要品や粗大ゴミの回収を行っているので、回収日などを確認して不要なものから少しずつ処分していくと良いでしょう。

ただし、以下のようなものは家電リサイクル法などで処分の方法が決められていますので、注意が必要です。

(家電リサイクル法対象品目・パソコンリサイクル対象品目)

○梱包をすませておく
不要なものはあらかじめ梱包しておけば作業時間の短縮につながり、結果として追加料金を出さずに済みますよね。

専門会社に遺品整理を依頼した場合は作業の効率化が費用を抑えるポイントになりますよ。