故人遺品整理時期

通常、遺品整理という作業は故人が亡くなった後に行うものです。

最近は生前に自分の遺品となるものを整理しておく、生前整理というものもありますね。

ですが、ほとんどの場合には故人の家族が行うものです。

しかし、故人が亡くなった後というのは、家族は葬儀などで忙しい日々が続き、遺品整理が後回しになってしまうことが少なくありません。

家族は悲しみに暮れ、葬儀や告別式などの法要の準備もあり、故人の遺品をじっくり見定めることはすぐには難しいでしょう。

少し落ち着いてから遺品整理をしようとしても、遺品を見ていると故人を思い出して辛くなってしまい、遺品整理が出来ないということもあります。

まず、一戸建てに住んでいる場合は、じっくり時間をかけて遺品整理をすることが可能ですね。

遺品整理をすることは、自分の気持ちの整理をすることにもなるので時期を気にせず、ゆっくり行いましょう。

ですが、賃貸物件などに故人が住んでいた場合には、荷物があるだけでも家賃が発生してしまうので、なるべく早い時期に遺品整理を行うべきです。

しかし、無理をして心の整理がつかないまま遺品整理をすると、気持ちがバラバラになってしまいます。

遺品整理はハッキリとこの日までにしなければならないという決まりはありません。

自分たちのペースで整理をすることが大切です。

決して焦らず、まずは心の整理をつけてから遺品整理をしてくださいね。

遺品整理をしていくと、形見分けをすることになるでしょう。

形見分けというのは、故人の私物を親族などで分けることです。

故人が大切にしていたもので、まだ使えるものである場合、親族などで分けることが望ましいです。

この場合、遺品整理を49日までに終わらせるようにして、49日の法要のときなどに形見分けが出来ると大変スムーズですね。

形見分けをするときには、故人の遺言があればそれに従い、なければ後で揉め事にならないように、平等に分けていくことが大切になります。

気持ちがある程度整理でき、親族同士で話し合いができる49日は形見分けに適していますね。

遺品整理と相続税

遺品整理という作業は、どんな人にとっても辛い作業になります。

自分の母親や父親、親族が亡くなって、その人が愛用していたものを処分するというのはとても辛いことです。

ですから、もちろんのこと、じっくり時間をかけた方が良い場合もありますね。

しかし、故人が亡くなってから10ヶ月以上経過してしまうと、相続税が発生するものに関して、重加算税が発生してしまうことをご存知ですか。

これは残された人にとっては相当な負担となります。相続税が発生するものに関しては、なるべく早い時期に、遅くても10ヶ月以内には処分等、速やかに対処することをおすすめします。

それ以外の洋服や装飾品などについては、じっくり時間かけて整理しても問題ありません。

故人との思い出が詰まったものなので、すぐに捨てたり、リサイクルに出すのは辛い場合もあるでしょう。

遺品整理というのは、故人との思い出を整理することにもなりますので、じっくり時間をかけて思い出と一緒に整理していくことが望ましいですね。

大切な親族が亡くなると親族間での遺産相続や遺言書、親が住んでいた家の売却など、遺品整理よりも先にやらなければならないこと、いろいろしなければならないことがたくさんあります。

そのためすべてのことが落ち着いた後に、それらの遺品整理をするのも1つの方法です。

スムーズに遺品整理をするためにも、先にやるべき優先順位をつけていくことが大事です。

優先順位をつけることで、少しずつクリアしていけるでしょうし、混乱してしまいがちな人はぜひメモをしながら、少しずつ整理していって下さいね。