自然葬に関する法律

埋葬等についての法律をみてみましょう。

墓地、納骨堂または火葬場の管理及び埋葬等が、国民の宗教的感情に適合し、かつ公衆衛生その他公共の福祉の見地から支障なく行われることを目的としたものとして、「墓地・埋葬等に関する法律」というものがあります。

これは明治時代に制定された「墓地及埋葬取締則」を改正して昭和23年に交付されたものです。

当時とは時代背景や住宅事情、お墓に対する意識が大きく変化している現代においては、見直さなければならない点が出てきています。

散骨については刑法190条の「死体、遺体、遺髪又は館内に蔵置し足る物を損壊、遺棄又は領得したる者は3年以下の懲役に処す」の項目に触れるのではないかということで懸念されてきたのですが、散骨に対してさまざまな団体が取り組み、社会的な要請が高まる中で法務省は散骨に対し、「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」、との見解を表明しました。

これは自然葬としての散骨が「死体遺棄」ではなく、「葬送の一つとして」認められたということなのです。

葬送の目的とは故人の死を尊重し、お別れをすること或いは死後の世界に送り届ける目的を持つことで、捨てることでも放置することでもありません。

そして「節度をもって」とは、一般常識の中で他人に迷惑をかけないことであり、個々の判断に委ねられていますが、次の点に注意する必要があると思います。


①そのままの形で散布しないこと
②お骨とは分からない程度に粉末化(一般的には2mm程度以下)すること
③他人の所有する土地には散布しないこと、あるいは了解をとること
④環境問題に配慮すること
⑤葬送の目的を明確にすること


お遺骨を墓地や霊園に納めたり、土の中に埋める埋葬行為は従来の制約を受けますので、たとえ粉骨したお遺骨であっても特定の場所にしか埋葬出来ません。

今流行の樹木葬でお遺骨を土の中に納めるものは霊園となります。

お遺骨を埋葬するのに墓を建てるか樹を植えるかの違いとなります。

散骨は粉末にしたお遺骨を散布するもので、埋葬行為にならないのです。

節度をもって実施すれば、自分の家の庭でも構いませんし、別荘でも故人の好きな場所でもかまいません。

自然葬の種類

一口に自然葬といってもたくさんの種類があります。

一例をみていきましょう。


◎海洋自然葬
海上に、複数体の遺灰を合同で散骨する海洋葬です。

港から出航しますが、遺族は乗船できない場合が多く、港で見送ります。

散骨はスタッフによって代行されます。

後日、海図入りの散骨証明書が届けられます。

まく位牌は、全遺骨分でも、一部でも自由ですが、全部まく人のほうが多く見られます。


◎モンブラン葬
アルプスのモンブランに散骨します。

散骨は分骨に限られます。

モンブラン山麓の町シャモニーで献花式を行ったあと、ヘリコプターでモンブラン上空から散骨します。

家族1名が同行し、献花式やお見送りをするメモリアルツアーとセットになっています。


◎宇宙葬
遺骨の一部を専用のフライトカプセルに入れて衛星ロケットで宇宙に運ぶ葬送です。

地球の軌道上を回り、最後は大気圏に突入して流星のように消滅します。

記録ビデオや、宇宙葬証明書がつきます。

別料金で遺族が打ち上げに立ち会うツアーがあります。

生前予約はできません。


◎樹木葬
樹木葬は1999年に岩手県の祥雲寺が美しい里山を残すという主旨で始めた埋葬形態です。

祥雲寺が全山を墓地として許可を得た山中で、火葬後の焼骨を直接地中に埋葬し、そこに墓標のかわりに植樹をするというものです。

カロートを作らず、墓石も建てません。

遺骨を埋葬するので、散骨ではありません。

1区画は半径1メートルの円内となります。遺骨を埋葬後、墓石のかわりに樹木を植えます。

樹種は、ヤマツツジ、エゾアジサイ、バイカツツジなどの低木類から、墓地の環境にあった花木を選びます。

埋葬区画は承継者が引き継いで使用できます。

また承継者がいなくても、改葬されることはありません。

宗旨・宗派は問いません。


◎散骨樹木葬
散骨樹木葬とは、遺灰をまいて、その中心に木を植えるものです。

遺骨をそのまま埋葬するわけではないので、墓地としての許可は必要ありません