自然葬時に必要な料金や費用

自然葬はお墓に埋葬するのに比べて、安価に行うことができ、お墓を継承する人がいないなどの理由で選ばれる方が増えています。

しかし、具体的にどのようなものがあるのか、またそれにどれぐらい費用がかかるのか、馴染みがあるものでもないので、なかなかわからないですよね。

ここでは、代表的な自然葬の手法とその料金・費用について述べていきたいと思います。

まず、樹木葬の場合です。

樹木葬は遺骨を地中に埋め、その上に樹木を植えることで墓標とする方法です。

遺骨をそのまま埋める場合には散骨ではなく埋葬になりますが、砕いた遺骨や遺灰を撒くのであれば散骨の一部とみなされます。

樹木葬の中にも大きく分けて2つの種類があります。


①里山型の樹木葬
自然にもっとも近い形で、人が使いやすいよう手を入れてきた森林で、自然を育てながらそこに埋葬するという方法です。

広い土地が必要となるため、地方部に多く見られます。


②公園型の樹木葬
一人一本植樹をするのではなく、シンボルツリーなどの目印となる樹木の周りに埋葬する樹木葬です。

土地の広さに制限がある都市部で多くみられます。

樹木葬の場合、個人で利用するのか家族で利用するのか、あるいは合同墓なのかなどによって費用が変動します。

これら二つは、費用相場は10万~80万円となっています。

一般的な墓石を作っての埋葬の相場が200万円と言われているので、安価に行うことが可能です。

次に、海洋葬の場合です。

海洋葬は、海洋に散骨(砕いた遺骨)を海に撒く方法で、専門業者に依頼する場合はその中でもいくつか方法があります。


①個別で散骨する場合
依頼者の家族だけが単独で行う方法です。

一家族だけで船を借りるため、落ち着いて散骨・見送りをすることができます。

しかし、船のチャーター費用も一家族で支払わなければいけないため、費用は最も高くなります。

大体20~30万円になります。


②合同で散骨する場合
合同で散骨を行うの場合、複数の家族が同じ船に乗船して散骨を行います。

チャーター費用を分担して負担するため費用は安く済みますが、各家族から乗船できる人数が決まっていたり、日程が限定されたりと、個別の場合に比べると制限事項が増えます。

費用は、大体10万円前後となります。


③委託散骨
委託散骨では、遺族は船に乗船せず、業者が代理で散骨を行います。

遺族が自ら散骨することはできませんが、その分費用は抑えられ、合同散骨よりも安い場合が多いです。

散骨が実施された証として証明書や写真をもらえるサービスが含まれていることが多いです。

費用は、大体5万円前後となります。

自然葬時の相場

自然葬にかかる費用は、説明した通りですが、ここでは費用相場を簡潔にまとめることにします。

樹木葬を行う場合、その費用相場は、10~80万円前後となっています。

樹木葬は、行う場所や委託先によって費用にばらつきがあるため、一概にこんなものだとは言いにくいのです。

海洋葬を行う場合は、比較的はっきりしています。

大きく三つに分けて、みてみます。

個人散骨(チャーター船によるプライベートな散骨)を行う場合、費用相場は20万円前後となります。

合同散骨(他のご家族との乗り合わせによる散骨)を行う場合、費用相場は10万円前後となります。

ただし、乗る人数によって、料金が増える場合があるので、確認が必要です。

委託散骨でした場合、費用相場は5万円前後となります。

海図入り額付きの散骨証明書をご希望される形は、別途料金が発生することがあります。

これは大体5千円前後となります。

また、樹木葬や海洋葬を行わずに、遺骨の粉末化だけのサービスを行っているところもあります。

この遺骨の粉末化だけの費用相場ですが、大体3万円前後となっています。